「仏陀に学ぶ」円覚寺 横田管長のご講話を拝聴して

令和3年9月7日 新型コロナウィルスによる非常事態宣言家の中、致知出版社のご厚意により、円覚寺で横田管長のご講話をいただいた。1282年、元寇後に建立。敵味方もなく平等に供養されたという由緒あるお寺での講話に、最近のオンライン偏重の対話とは異質のありがたみを感じた。この場を...

“悪党という語はあるが、善党という言葉はない”

2021.8.21 4回目となる 人間学とマーケティング会議 が開催された。 1部 致知*人間学 読書会メンバー限定 致知出版社 藤尾秀昭 社長 人間学講話&全国読書会交流会 *致知とは、11万超の読者を有する日本で唯一の人間学の月刊誌 2部 マーケティング共育共動の場...

縮小する市場を突破する新市場の創造法「知財×標準×マーケティング」

突然ですが【質問】です。 自動車、鉄道、剣道、イチゴ これらの共通点は、 一体何でしょうか? 答えは、、、 世界的に優れた技術を持ちながら、 結果として得るべき収益を得られず 歯がゆい(いや、悔しい)思いを している日本企業の「知財」事例です。 実は、...

【結果&感想】「人間学とマーケティング会議」が生み出した価値とは?

今回は、先日行われた 「人間学とマーケティング会議」 「人間学とマーケティング会議」の様子*初回7社ご参加 1部 致知出版社認定 人間学読書会 2部 マーケティング共育共動 3部 人間学とマーケティングコンパ(懇親会) について、ご報告いたします。...

【発表】致知出版社認定 人間学読書会&マーケティング共育共動の場 を開催します。

2020年7月から始まった 致知出版社 藤尾社長の講義 令和3年4月24日でラストとなりました。 *藤尾社長、柳澤副社長、ドラッカー協会 佐藤先生、清水先生と12名 この10ヶ月の間で、 得られたことはたくさんありますが ここに纏めてみたいと思います。...

「コピーとマーケティングと戦略」全てを支える重要なものとは?

人生で忘れられない至福の時 先週は、至福の時や場が 沢山ありましたが、ご報告をかねて そのうちの1つをシェア致します。 実は私、昨年7月から9ヵ月間、 人間学の大家『致知出版社』、藤尾社長から 直々に人間学の講義を受けさせて頂いております。 11万超の定期購読者のうち、...

エコノミーにヒューマニティを取り戻す。ヒューマニティ・マーケティングの時代感

感謝・新年のご挨拶 (創業1年を終え、感謝を込めて) お世話になります。池田篤史です。ヒューマニティ・マーケティングに、ご高配賜り、ありがとうございます。創業して、早1年を終えました。2020年1年目は、新型コロナウイルスの影響もありましたが、順逆を乗り越えることができまし...

人にはじまり人に終わる。人が会社とともに成長し続けるためには?

(前回からの、つづき) 大きな赤字を正常に戻すために、わたしは必死であった。当時、リストラを兼ねて人の部署転換・異動もあったからだ。一番の思い出は、なんといっても、一棟借りビルの一部返還を直談判し、会長室で、激叱られたこと。これには、佐藤会長の逆鱗に触れた。...

赤字校舎・倒産危機で気付いた真実

前回、前々回の記事は以下。 クリックするとリンク先の記事に飛びます。 1. 凡人の私がなぜ、論算兼備を唱える までになったか? 2. 教育と商いの中庸概念について 今回は、赤字校舎・倒産危機で気付いた真実についてお伝えしたい。...

「教育と商い」の中庸

(前回記事:凡人の私がなぜ、論算兼備を唱えるまでになったか?) わたしが所属した組織は、学校とはいえ、 正式には、一般にいう学校法人(税制でも優遇された認可の教育機関)とは異なる。 株式会社立で学校運営するということは、 つまりは、一般企業(営利組織)そのもの である。...

凡人の私がなぜ、論算兼備を唱えるまでになったか?

■「3ヶ月に1回、必ずかかってくる間違い電話」 「3ヶ月に1回、 必ずかかってくる間違い電話」 がある。 「よく間違えるなぁ。何回目 笑?」と思っていた。 しかし、あまりの多さに不思議に思い始めた。 もしかしたら、その電話のかけ主は、...

“後継者が育たない問題” は「社長の器」次第で解決する。

◆ はじめに(近況報告) 5月に5回。 オンライン読書会を実施。 ご支援先の企業様だけでなく、 初めてお会いする方々との 出逢いもありました。 それから、3週間。 お客様のご支援に没頭し、 各社様が課題と向き合い、 1つ1つノウハウ・スキルを ご自身のものにされ、...

オンライン読書会で得られること

「迷えるリーダーがいますぐ持つべき1枚の未来地図」   初のオンライン読書会を 5/1、5/16 に開催。   延べ38名の方々に、 ご参加いただきました。   どなたも "真剣に仕事に向き合う” 素晴らしい方々 お顔と感想アンケート ↓ (一部抜粋) ・板東 潤...

コロナ禍でも復活&伸びる社長の特徴

「仲間がいる”よ!」 ワンピース好きな人なら、 ご存知のシーン。 兄・エースの死により、 挫折と喪失を味わい、自暴自棄になったルフィ。 想いを知るジンベエは、 ルフィに、次の言葉を投げかけます。 ジンベエ「確認せい!お前にまだ残っておるものは何じゃ!」...

売上を落とさない仕組みづくり

◆ はじめに 「今。自分だから、できること」 2000年4月就職。 バブル崩壊直後の就職氷河期、 ネット黎明期 → ITバブル崩壊、 リーマンショック、東日本大震災、 失われた20年。経済大国の輝きを取り戻したい当時の日本。 「こんな熱くるしい新人、...

「ポストコロナの個人のあり方」と「経済活動をとめないという意志」

ご挨拶(創業2ヶ月目を終えて) お世話になります。池田篤史です。弊社ヒューマニティ・マーケティングに、ご高配賜り、ありがとうございます。創業して、2ヵ月目を終えました。2月も色々な出来事がありました。一言でいうと、「蛹から蝶へ“脱皮の瞬間”」。そんな様子を、皆様にご報告いた...

【ウィズコロナ時代】経営者に問われる「修身経営」とは?

◆ 24歳、事業承継者のお仕事事情 先週の出来事です。 社長ご令嬢24歳、セールス未経験女性。初めての商談&しかも1人で臨むということで、急遽、朝8時からレクチャーを実施しました。その結果は・・・?見事に、商談をまとめたというご連絡を頂きました。...

なぜ、創業したのか?

◆創業の想い 「俺は支配に興味がねぇんだよ。やりてェ様にやらねェと海賊やってる意味がねェだろ?」 日本が誇る全世界累計発行部数4億6000万部突破 ONEPIECE より、海賊王ゴール・D・ロジャーの言葉の引用です。 創業してからというものの、なぜか、この言葉が頭に飛び交い...

信頼を得るために。会社設立直後に、まずすべきこと。

社名 「株式会社ヒューマニティ・マーケティング」に決定! 📷 ご挨拶 お世話になります。池田篤史です。弊社ヒューマニティ・マーケティングにご高配賜り、ありがとうございます。12月から1月にかけて急ピッチで設立した会社も、なんとか始動することができました。これもひとえに、前...

1
2