中小企業が「明日から」商品・サービスを売れるようになる2つの方法

更新日:2020年6月19日


◆新型コロナウイルスが与える甚大な影響



お世話になります。ヒューマニティ・マーケティング代表取締役の池田篤史です。


先日、ある方とのお話した時の話です。その方は大手企業と取引されているのですが、曰く


「ある大手企業は、最もTVCMを打つ1月の広告宣伝費が、今年はなんと0。。。(額にしたら数百億▼)」


その理由は、何か?そう、新型コロナウイルスです。コロナウイルスは「大企業の業績」にも甚大な影響を与えているようです。その影響で、“インバウンド関連の広告を打っても効果はない”という判断から、周辺企業は相当甚大な影響を受けているようです。


さらに最悪を想定すると、東京オリンピックへの影響。恩恵を期待していた企業も、コロナウイルスの影響で大打撃を受ける可能性もでてきました。


わたしの知人の日本企業では、中国で売上を立てていた事業が、今、中国に出向くことが禁じられ、すべて予定をキャンセルとおっしゃっておりました。収益の柱1本に影響がでているわけです。


大企業がこういった状況ですから、中小企業は少し時期を遅れて影響が出てきます。経営者は、大きな不安と危機感を持たれていることでしょう。そこで、今回お伝えするテーマは、こういった不安定な経済状況に備え、


「即効性ある売上のあげかた=セールス方法」


について書いていきます。今回の内容をご覧いただくことで、あなたは、


1、営業経験0の方が、3時間の研修だけで「契約が決まった」というノウハウが得られ、


2、一過性のものでなく「一生モノ」として、「結果が伴いながら」、「会社にカタチとして、高確率なセールスノウハウが残せる」ようになり、


3、自社に「持続的な売る力」が定着するようになる


これら3つの価値を得られる「機会」を知り得ることができます。


特に、今のお仕事で、


・自社商品・サービスが売れない。

・特に、B2Bで売れない。

・売り方に自信がない。


という中小企業の経営者様には、お役に立てる内容です。ご関心のある方だけ、つづきをご覧ください。



◆ 今、売上をあげておかなければならない理由


今の状況から、私の意見をひと言でいいますと、


中小企業は「今はとにかく、売上をあげよう。そのためにも即効性のある営業を身につけよう。


というものです。なぜか?そう思った背景には、冒頭のコロナウイルスの件もあり、今〜夏にかけて経済が不安定で、一旦冷えきってからでは顧客との取引が難しくなることが予想されるからということもあります。しかし、決め手となったのは、ある会社様からの「セールス勉強会のご要望をいただいた」のがキッカケでした。


この会社様は、私どもが、すでに支援中の会社様なのですが、支援範囲が「戦略=上流部分」のため、壮大な10倍構想の戦略部分について支援しておりました。


30代で優秀かつ論語も身にまとった経営者は、着々と構想を進め、未来への道を拓いていくご様子は素晴らしいものがありました。しかし、そんな未来が楽しみな会社でも、肝心要の「足元の“売上をあげる”という営業面」については、課題=ウィークポイントだったのです。


その経営者は、わたしのチャットをご覧になられて、「セールス勉強会」を企画。グループ会社の仲間にも呼びかけ、私に講師依頼をされてきました。


私は「“ある”セールス・ノウハウの研修」を行ったのですがーーー その研修2日後。


「池田様のご指導の通りに進めましたら、いきなり金額了解の上、正式依頼をいただいてしまいました。」
「Nさんが営業に行って、△△セールスで進めたら、退室後すぐに電話がかかってきて、一件新規依頼をいただきました 驚!」

*「お客様の声」リンク先をご覧ください。


という、お喜び&お驚きのご報告を頂きました。


研修に費やした時間は、たったの3時間。参加企業は2社。各社の社長&社員の2名ずつ、計4名。その2社の社長の迅速な実践力には感服しましたが、両経営者はいずれも営業畑ではなく、営業経験は、ほぼなしの方々です。そんな彼らが、


「素直に、型どおりに実行すれば、売上はすぐにあがる」


ということを証明して下さいました。


「話がうますぎ。ことが上手くいきすぎ」、と感じる方もいらっしゃるでしょう。よく分かります。私もびっくりした、ぐらいです。実際、研修翌日に、各社ともに社長が社員さんに研修した実行力速さも決め手でしょう。ですから、誰しも上手くいくというわけではなく、素直に、行動する人のみに当てはまるということが条件となります。


しかし、このタイミングで学んでいなかったら、どうなっていたか?


・決まるはずの契約機会を逃してしまったり、

・相手にしてはいけない相手に時間ばかり取られ、契約が決まらなかったり、

・契約までに時間がかかりすぎ、


といったことが続き、それが当たり前になり、「自分たちの商品・サービスは売れない」と思い込んでいたかもしれません。これを金額換算したらーー 経営者としては、ゾッとするぐらい、大きな金額の損失をしていたことになったでしょう。