なぜ、創業したのか?

更新日:2020年7月17日


◆創業の想い


「俺は支配に興味がねぇんだよ。やりてェ様にやらねェと海賊やってる意味がねェだろ?」

日本が誇る全世界累計発行部数4億6000万部突破

ONEPIECE より、海賊王ゴール・D・ロジャーの言葉の引用です。



創業してからというものの、なぜか、この言葉が頭に飛び交います。

きっと、私のなかのゴール・D・ロジャーが、そう言わせているのでしょう。



お世話になります。

株式会社ヒューマニティ・マーケティング 代表取締役 の 池田篤史です。


創業者には必ず、


「創業の想い」


というものがあります。


創業時の“感情”としてよく例えられるのが、“コップに水を注ぎ、溢れそうで溢れない状態=表面張力。堪えていたものが、いよいよ、こぼれ落ちる”。その溢れでた水が、創業をするときの感情や状態に近しいことからの例えです。


わたしも、そうでした。


創業者によっては様々かと思います。


・「自分のアイデアを形にしたい」という人もいれば、

・「収入をもっと増やしたい」という人もいるでしょうし、

・「とにかくチャレンジしたい」という人もいるでしょう。


いずれにしても、会社を創るということは、突き詰めると海賊王ロジャーのように「自分のやりたいように、やる」という点に尽きるように思います。


そこで、今回お伝えするテーマは、

私の「創業の想い」について書こうと思います。



◆今回の投稿をご覧いただくことで、あなたが得られるもの


今回の投稿をご覧いただくことで、


・起業に関心ある方が参考になるかもしれません。

・「池田って、こんな未来を描いているんだ」と知っていただくこともできます。

・もしかしたら今後、あなたと活動をともにするキッカケになるかもしれません。(もちろん、「あなたの描きたい未来を実現する」という点で。)



◆私のやりたいこと=「一燈照隅・万燈照国」


私が、実現したい世界観は、一言でいいますと、


「一燈照隅・万燈照国」です。


この言葉は、天台宗の最澄が説いたといわれていますが、私が知ったきっかけは、安岡正篤師からです。


1人1人が灯す火は、例え自分の届く隅しか灯せないとしても、それが万人ともなると、国中を照らすことができる。だから、1人1人が精一杯、自分の届く範囲の人を灯そうという意味です。

人間1人1人が、己の心・徳・人間力を高め修身し、磨いてきた自身の技能・叡智・才覚、つまり、自分という“存在そのもの”を最大限に表現し、それを必要とする人に提供すること。それが、一燈照隅であります。


そういった人が増え「万人」になることで、“国中を照らすことができるようになる”という世界観です。



◆20年間という歳月。没頭してきたもの=池田篤史のルーツは?


なぜ、こう思うに至ったか?という背景には、私のルーツにあります。


わたしは20年間、主に、「教育とビジネス」のど真ん中の仕事に携わってきました。具体的にいいますと主たる事業が2つ。


1、人間を育てる「スクール経営事業」と、そこから派生した

2、企業を育てる「経営コンサルティング事業」です。


あらためて、わたしが過去携わったことを数字化してみましたら、

・計23名のマネージャー育成、

・計14億の利益(売上でなく)、

・計15のサービスを同時マネジメント、

・計24名の著者&著名講師の講座開催、

・スクール事業とコンサル事業をそれぞれ、BEFORE→AFTER で売上6倍・5倍


でした。そんななかで、私が「大切にしてきたこと」「探究してきたテーマ」があります。


それが、

「人と事業を一緒に育てること」


例えば、学校経営の世界では、教育層と経営層に分かれます。この2層は、それぞれの立場や見解があり、これがいかに双方相容れないかは、これをご覧の方も想像おつきになるでしょう。


・収支は度外視、より良い教育を求める「教育層」