売上を落とさない仕組みづくり

更新日:2020年6月25日


◆ はじめに

 「今。自分だから、できること」


2000年4月就職。


バブル崩壊直後の就職氷河期、

ネット黎明期 → ITバブル崩壊、

リーマンショック、東日本大震災、

失われた20年。経済大国の輝きを取り戻したい当時の日本。 「こんな熱くるしい新人、

上司は扱いづらいでしょう」 そんな声がよく耳に入るスタート

でしたが、胸には今でも変わらない

1つの想いがありました。 「どんな組織でも情熱を持って仕事に

取り組めば、たとえ凡人でも道を切り拓ける。

そういうリーダーに自らがなろう」 そんな想いで「池田篤史」は

職業人として船出をしました。 人材教育の上場企業、その後、

トップマーケター代表の企業 この2社で、カリスマオーナーや

トップマーケターに育てて頂き、


「人材教育×マーケティング」

のど真ん中を20年もの間、


1日足りとも経営責任から

目を背けることなく過ごしてきました。

そして、2019年2月。

その集大成ともいうべき

人間学×マーケティング(致知出版)

という1冊の本を書きあげるとともに、

経営者・オーナーたちからかけられた

この言葉が、池田の起業家精神に火をつけました。 「人間学とマーケティングは、本屋で山積みされる本じゃない。真剣に、経営に向き合うリーダーがボロボロになるまで読まれつづける本だ。」 「池田くん、人間学×マーケティングをものにするのは、一生の仕事に価する。まだ生まれたばかりの新芽を立派な大木にしてみなさい」

そこから、

「人間学×マーケティング」という

新芽を大木にしていく航海が始まりました。 そして今、2020年3月。出航直後、

今回の新型コロナウイルス、

東京オリンピック延期。 世界中の各都市がロックダウン、

世界が経済的大打撃を受けています。


「自分だから、できること」

について書き留めたいと思います。

売上を落とさない仕組みづくり


テーマは、まさに今求められる

売上を落とさない仕組みづくり

について触れていきます。 なぜ、このテーマか?といいますと、 これを書いているタイミング(2020.326)は、 世の中の経営者がウイルスで、

経済的打撃を受けている真っ只中。 未知のウイルスという

過去に類をみない驚異に、 “活動自体ができない”という

状況下に陥っているからです。 「売上なんてテーマは不謹慎だ」

と思われるかもしれませんが、 人によっては、死活問題の方もいるでしょう。


ですので、あえて本テーマに

踏み込んで書くことに致しました。

◆ この記事の【対象者】 & この記事から【得られること】

今回の記事の(対象者)となりますのは、 ・会社経営者

特に、ファミリービジネス経営、オーナー系企業 の方が対象となります。

この内容を読まれることで、


あなたの会社が

「売上を落とさない仕組みづくり」


3つのポイントを抑えることができます。 最後までお読みいただきますと、 ・今あなたの会社に不足しているもの ・どうすれば、その不足が満たされるようになるか? ・今すぐできること も明確にしていきます。 ウイルスによる経済打撃が広がるなか、 本記事がお役に立てれば幸いです。




◆「原理原則」をやり抜く


結論から、先に申し上げます。 「売上を落とさない仕組みづくり」は、 一言でいいますと、 「原理原則を実行・徹底し、

 定着するまでやり抜く」 ことです。 「池田さん、そんなこと?

それやって落とさないなら、苦労しない」 と、残念に思う方もいるでしょう。

私も目新しさはないと思いながら書いています。 しかし、これには、

想像以上の奥深さがあります。



なぜなら、

「原理原則」が“できていない”だけで

今苦労している会社がどれほど多いことか!

という現実


があるからです。


コロナをつうじ、 この “目新しさはないと思われること”を