凡人の私がなぜ、論算兼備を唱えるまでになったか?

更新日:2020年9月30日

■「3ヶ月に1回、必ずかかってくる間違い電話」

「3ヶ月に1回、

 必ずかかってくる間違い電話」

がある。

「よく間違えるなぁ。何回目 笑?」と思っていた。

しかし、あまりの多さに不思議に思い始めた。

もしかしたら、その電話のかけ主は、

”わざと”、わたしに間違い電話をかけてこられているのでは?

なぜ、そう思ったのか?

履歴をみると、2~3ヶ月に1回のペースが

きちんと保たれているからだ。

しかも、書籍

人間学×マーケティング(致知出版社)”の出版で、

6年ぶりにご挨拶しに行ってからはなかったのに、

「独立」してから、安定的にである。

先週の金曜日に、5回目となる電話をいただいた。

会話は、いつも一緒。


(私)「お久しぶりです!」

(電話主)「ああ。」


・・・(簡単に、近況伝達)


(私)「今回のお電話、どうされましたか?」

(電話主)「・・・間違いや(笑) 」


というオチ。


本当に間違いなだけで

わたしの思い上がり、勘違いかもしれない。


しかし、少なからず、その間違い電話で、

毎回嬉しい気持ちになり、背筋が伸びる。

今回その電話主に、御礼をつたえるべく、

このBlog記事を書こうという意欲が湧き立った。

「大丈夫です。私は、あなたの教えを糧に、

 元気にがんばっています。

そして、あの当時、なかなか面と向かって

言えなかった御礼と感謝の意を込めて。


「成長できたのは、あなたのおかげです。」

その電話のかけ主とは?

佐藤耕一会長 JASDAQ上場

国内トップ教育人材会社「ヒューマングループ」

プロバスケットチーム JBリーグ「大阪エヴェッサ」

創業者・オーナー である。


佐藤会長について、

こんなインタビュー記事を見つけました。


(日経Biz Gate)

https://ps.nikkei.co.jp/myroad/keyperson/sato_koichi/

(KENJA GLOBAL)

https://www.kenja.tv/president/detjm3zb.html



なんの取り柄もない、凡才の私がなぜ、

「論語と算盤を兼ね備えた(論算兼備)

人間学とマーケティングを伝えるようになったのか?」

それについては、

佐藤会長のおかげといっても過言ではない。

いうならば、

社会人人生の駆け出し期に、

道筋をあたえてくださり、

天命に気付かせてくれた

師・恩人ともいえる方といえる。