コロナ禍でも復活&伸びる社長の特徴

最終更新: 2020年6月19日


「仲間がいる”よ!」

ワンピース好きな人なら、

ご存知のシーン。

兄・エースの死により、

挫折と喪失を味わい、自暴自棄になったルフィ。

想いを知るジンベエは、

ルフィに、次の言葉を投げかけます。

ジンベエ「確認せい!お前にまだ残っておるものは何じゃ!」

暗い闇のなかにいたルフィは、

大切な「仲間の存在」に気づき、

再び立ち上がります。

・・・

今、世界は新型コロナウイルスで

経済的にも暗い闇のなかにいます。

先行きが見えない状況、

人によっては失ったものが計り知れない。

ルフィのような経営者でも、

挫折と喪失を味わい、お手上げ、

自暴自棄になりたくもなるでしょう。

しかし、落ち込んでいても、

解決に向かうことはありません。

それどころか、自分で自分を

マイナス方向に導くことになるでしょう。

「池田さん、そんなこと言っても、

家にいるしかできないじゃない…」

というお気持ちもわかります。

それでも、未来にむかう

「勇気」と「行動」は、

少なからず、力を与えてくれます。

今回は、1月末〜4月中旬までの

コロナ禍に没頭してきたあることで、

「見えてきた兆し」を

シェアできればと思い、書き記します。



“緊急事態宣言下において、経営者がパートナーと共にぜひして欲しいこと”

お世話になります。

ヒューマニティ・マーケティングの

池田篤史です。

これをご覧の方で、

私をご存知でない方もいると

思いますので、


弊社が、どのような支援をしているか

簡単に紹介します。

弊社は、中小中堅企業や ファミリービジネス企業の

後継者(幹部)とともに、


事業づくりと再現性ある集客

高確率セールスの「仕組み」を定着。


後継者を売上づくりで育成


会社です。


お客様の企業(業界)は、

・介護関連産業

・葬儀に関わる産業

・地方の部品製造業

・食と健康に関わる産業

・結婚・ウェディング関連産業

・ICT関連産業

・教育スクール産業

・人材関連産業

・大手IT産業  

など、業種を一切、問いません。

訪問することも多かったのですが、

このコロナ禍においては、

毎日毎日オンラインで打ち合わせし、

その他の時間は、お客様支援のために

フルに頭と手を動かしております。

そんな複数業界を

“リアルに支援しながら

感じる私が、今回、

“経営者のあなたが、

緊急事態宣言下において、

後継者ととともに、

やっておくと良いこと”

のリアルについて

書いていきます。

この記事をご覧いただくことで

あなたは、

「非常事態宣言下において、

 あなたの事業を見つめ直せ、

 新基盤をつくれるようになる」


でしょう。

さいごには、

「コロナ禍でも復活&伸びる

 兆しをみせる社長の特徴 」

の表も用意しましたので、

参考になれば幸いです。


それでは、いきますね。

「目の前のお客様&パートナーを、想いやり対話し、全身全霊、自分のできることで、価値を提供し、サポートすること。」


まず、結論からいきます。

私の意見をひとことでいうと

“経営者のあなたが、

緊急事態宣言下において、

後継者ととともに、

やっておくと良いこと”は、

「目の前のお客様&パートナーを

 想いやり・対話し、

 全身全霊、自分のできることで

 価値を提供しサポートすること」

それが真実だ、ということです。

なぜ、そのような考えに至ったか?の

背景をいうと、

ご支援している会社の

「共通した傾向」にあります。

次のような「傾向」です。

わたしたちの

具体的な仕事は、

・お客様の「未来の事業戦略」

・新ビジネスモデルの構想、

そこから先、

・事業計画/販売計画の達成支援

・コピーライティングを作成・添削

・契約書の確認・添削

・高確率セールス型づくり

・ランディングページ原稿を作成

・売上づくりと人づくりを同時支援

・WEBマーケティング構築

・セールスパーソン育成


・・・


川上から川下まで

ともに手を動かし後継者を「共育」し

会社に仕組みを「定着」させていくのですが、


そんな支援の最中に

最近は、どの会社にも

共通した「出来事」が起こっているのです。

それは何か?というと、

ある種の

「人と人の関係性のあり方が変わる」

といえるような出来事です。

社長と幹部、社長とNO2

社長と社員、社長とパートナー

夫と妻、親と子、会社とお客様…が


本気・本音・本心

心と心で向き合わなければ

ならないようなシーンです。

そこに“うわべ・建前”は

一切ありません。

その深層背景には、

紛れもなくコロナがあります。

非常事態宣言、

経済活動抑制、

ビジネスそのものの見直し…

これらが起因し、


「本気・本音・本心

 心と心で向き合わなければ、

 この世界的経済危機を

 乗り越えることができない」


と思いはじめてきたからでしょう

3つのポイント

そんななかで申しあげた

「目の前のお客様&パートナーを

 想いやり・対話し、

 全身全霊、自分のできることで

 価値を提供しサポートすること」

とは、どういうことか?

具体的に

3つのポイントに分けて

お伝えします。

“目の前のお客様&パートナー”

まず、

コロナ禍において、誰と向きあうか?

それは「今まで」関係を持ってきた人です。

決して、「今から」

新たに関係を築く人ではありません。

会社でいうと、お客様&パートナー

プライベートでいうと、家族、親族、友人ですが、

どうやら、今までの関係とは様相が違うようです。


「パートナーとのあり方が変わる」


レベルの話です。


◆ 家族だからOK?でなくなる


家族を社員にし

「人件費を抑えるor所得を増やす」

こんな考えは一切なくなる。


今までの家族関係を超越した

精神的独立、経済的独立、才能的独立

も伴った深い関わり、愛と自由に満ちた関係です。

お客様はパートナー