top of page

縮小する市場を突破する新市場の創造法「知財×標準×マーケティング」



突然ですが質問】です。



自動車、鉄道、剣道、イチゴ


これらの共通点は、

一体何でしょうか?




答えは、、、



世界的に優れた技術を持ちながら、

結果として得るべき収益を得られず

歯がゆい(いや、悔しい)思いを

している日本企業の「知財」事例です。


実は、


こういった事例が日本には多数あり

それは、ITや電気自動車といった

これからの産業でも続いてしまい

そうな気配が漂っていると

「ある書籍」で指摘されています。



■打開するには「国際標準化」


しかし、

無形資産(特許などの知的財産)を

「国際標準化」して、その

オープンとクローズドを使い分け

市場化することで、

自社ビジネスの国際的な発展が可能になります。



いいかえますと、


「知財×標準×マーケティング」


という方法で


市場が縮小する環境に

既存客以外の新市場を創造

するだけでなく、

「国際標準化」まで遂げてしまうことが可能というわけです。



■「中小企業の私には関係ない話」と思ってはダメ!な理由



ここまで見て、

ビビビ!!ピンッ!

とくる方もいらっしゃると思いますが、


「さっぱり分からん」

「わたしには関係ない」

「どうせ、大手企業やものづくり

 の会社だけの話でしょ」


と思われる方もいると思います。


かくいう私も少し前は、

そうだったのですがーーー

決めつけてはいけません。


なんと、

事例をお聴きしていますと


×ものづくり企業でなくても、

×大企業でなくても、


例えば、


・地域に根差した

・中小企業でも

・サービス業


ワクワクする事例

があるではありませんか!



まさに、

知っているか・知らないかで、

未来の影響力と世界が変わる

とはこのことです。



■書籍のご紹介


今やマーケティングに

「知財」は必須ですが、


私としては、特に、

志と徳のある経営者に是非、

知財×標準×マーケティングの世界

を知って頂きたく、

1冊の本をご紹介させて頂きます。




ざんねんな日本のものづくり

ゼロからの知財戦略

著:日本知財標準事務所

クリックすると、Amazonに飛びます。




■有徳標準をたくさん創り、

 富国有徳な未来の日本をつくる



本書をご紹介するに

至った背景は、


著者のお1人、

稀有で卓越した能力と

魅力的なお人柄でいらっしゃる


日本知財標準事務所

齋藤拓也所長との出逢いでした。


初めて話した日から、

その熱き想いに惹かれ、

ご縁を頂くようになりました。

 


特に、

致知や弊社とご縁のある

徳と志ある日本企業が持つ

良き伝統・研究開発・アイデア・

技術・マニュアル・カリキュラム・

ノウハウ・ビジネスモデル etc


=知財の種とお繋ぎしたら、


有徳標準な世界をつくり

未来の日本のためになるぞ、

という確信めいたものが浮かんできたのです。




■本書のポイント2点


①著者が本物である


正林国際特許商標事務所グループ

として2019年2月に設立された、


国内唯一(2021年6月時点)の

知的財産で新市場を創造する

日本知財標準事務所。


齋藤拓也所長は元々、

株式会社CSK (現SCSK株式会社)で

技術畑でありながら、

海外大でMBAも取られ

ビジネスモデルもマーケティング、

ITにも精通された弁理士です。


その他メンバーの1人

30年の経済産業省キャリアで、