縮小する市場を突破する新市場の創造法「知財×標準×マーケティング」



突然ですが質問】です。



自動車、鉄道、剣道、イチゴ


これらの共通点は、

一体何でしょうか?




答えは、、、



世界的に優れた技術を持ちながら、

結果として得るべき収益を得られず

歯がゆい(いや、悔しい)思いを

している日本企業の「知財」事例です。


実は、


こういった事例が日本には多数あり

それは、ITや電気自動車といった

これからの産業でも続いてしまい

そうな気配が漂っていると

「ある書籍」で指摘されています。



■打開するには「国際標準化」


しかし、

無形資産(特許などの知的財産)を

「国際標準化」して、その

オープンとクローズドを使い分け

市場化することで、

自社ビジネスの国際的な発展が可能になります。



いいかえますと、


「知財×標準×マーケティング」


という方法で


市場が縮小する環境に

既存客以外の新市場を創造

するだけでなく、

「国際標準化」まで遂げてしまうことが可能というわけです。



■「中小企業の私には関係ない話」と思ってはダメ!な理由



ここまで見て、

ビビビ!!ピンッ!

とくる方もいらっしゃると思いますが、


「さっぱり分からん」

「わたしには関係ない」

「どうせ、大手企業やものづくり

 の会社だけの話でしょ」


と思われる方もいると思います。


かくいう私も少し前は、

そうだったのですがーーー

決めつけてはいけません。


なんと、

事例をお聴きしていますと


×ものづくり企業でなくても、

×大企業でなくても、


例えば、


・地域に根差した

・中小企業でも

・サービス業


ワクワクする事例

があるではありませんか!



まさに、

知っているか・知らないかで、

未来の影響力と世界が変わる

とはこのことです。