エコノミーにヒューマニティを取り戻す。ヒューマニティ・マーケティングの時代感

最終更新: 1月7日



感謝・新年のご挨拶

(創業1年を終え、感謝を込めて)

お世話になります。池田篤史です。ヒューマニティ・マーケティングに、ご高配賜り、ありがとうございます。創業して、早1年を終えました。2020年1年目は、新型コロナウイルスの影響もありましたが、順逆を乗り越えることができました。ひとえに、ご一緒する皆様のおかげです。この場を借りて、深く御礼申し上げます。とともに、感謝をこめて昨年のご報告と新年のご挨拶をいたします。


2020年を振り返って、一言で申しますと、「お客様との密な関係、自社の根本を固める」と年でした。ちょうど、大企業様との取引の関係でIR資料の提出を求められましたので、そちらから抜粋・記載いたします。おかげさまで、とてもよい1年の振り返る機会となりました。


本記事の目次

  1. 2020年振り返り【*IR資料・決算報告書一部公開】

  2. 2021年予測ビジネスの未来〜エコノミーにヒューマニティを取り戻す〜より

  3. ビジネスの未来を実行するには?

  4. 併せて読みたい書 「人物を修める」 安岡正篤師 著

  5. 昭和の歴代首相が師と仰いだ 安岡正篤師とは?

  6. 山口周氏と安岡正篤師の【共通点】と【提唱の違い】

  7. 3つイニシアチブの山口周氏/一燈照隅の安岡正篤師

  8. 「真・人間学とマーケティング」を根付かせる。

  9. 二宮尊徳という人物の凄み

  10. わたしたちは一体、どうしたら良いか?

  11. 私利私欲を超えた先に


(つづきは、以下のリンクより)

https://drive.google.com/file/d/1VF3nRHev86WBrpTPK-e-ipr9icuEsUNQ/view?usp=sharing



112回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人にはじまり人に終わる。人が会社とともに成長し続けるためには?

(前回からの、つづき) 大きな赤字を正常に戻すために、わたしは必死であった。当時、リストラを兼ねて人の部署転換・異動もあったからだ。一番の思い出は、なんといっても、一棟借りビルの一部返還を直談判し、会長室で、激叱られたこと。これには、佐藤会長の逆鱗に触れた。 しかし、互いに、真剣だったからこその激論で、今でも良き思い出として、脳裏に焼きついている。佐藤会長は受け入れて下さり、その後、黒字転換・V字

赤字校舎・倒産危機で気付いた真実

前回、前々回の記事は以下。 クリックするとリンク先の記事に飛びます。 1. 凡人の私がなぜ、論算兼備を唱える までになったか? 2. 教育と商いの中庸概念について 今回は、赤字校舎・倒産危機で気付いた真実についてお伝えしたい。 「同じ会社なのに、なぜ、ここまで、業績が異なるのか?」 当時、わたしは、業績の悪い校舎に転勤する要員であった。 3年周期で、業績の悪い校舎へ異動を課せられていた。 収益面・

「教育と商い」の中庸

(前回記事:凡人の私がなぜ、論算兼備を唱えるまでになったか?) わたしが所属した組織は、学校とはいえ、 正式には、一般にいう学校法人(税制でも優遇された認可の教育機関)とは異なる。 株式会社立で学校運営するということは、 つまりは、一般企業(営利組織)そのもの である。 これを経営するには、相当の難しさがあった。 難しさ①  受講者の不利益 まず、わたしの所属部門は、 高校卒が進学する専門学校にあ

 

ヒューマニティ・マーケティング

売上づくりで後継者を育てる

フォロー

  • Twitter
  • Facebook

住所

【本社・研修センター】
福岡県福岡市南区高宮5-11-10

©2020 株式会社ヒューマニティ・マーケティング
Humanity・Marketing Inc