【ウィズコロナ時代】経営者に問われる「修身経営」とは?

更新日:2020年6月19日

24歳、事業承継者のお仕事事情


先週の出来事です。


社長ご令嬢24歳、セールス未経験女性。初めての商談&しかも1人で臨むということで、急遽、朝8時からレクチャーを実施しました。その結果は・・・?見事に、商談をまとめたというご連絡を頂きました。


片や、時同じくして、中部エリアの企業様3社に訪問した内の1社に、同じく24歳の社長ご子息がいる会社があります。社長がユニークで、海外の最先端機材をどの会社よりも先じて仕入れ、業界内外へ発信。イノベーティブな社長を慕う人も多いのですが、、、


しかし、せっかくの仕入れた商材も自社の販売体制が今まで整っておらず、その商材を売る担当をその24歳のご子息に任命。そこで、「具体的営業方法」と「販売体制の構築」について、レクチャー&「型」を提供して参りました。単価は、900万の機材、今週から営業実践です。さあ、どうなることか、楽しみです。



会社がなくなる時代に、身につけておくべき「修身」


お世話になります。ヒューマニティ・マーケティングの代表取締役の池田篤史です。


さて、今回、お伝えするテーマは「修身」についてです。今回、なぜこのテーマを取り上げたのかというと、従来の会社経営では立ち行かなくなる時代になると、必ず、身につけておければならないのが、「修身」であると確信しているからです。



いろいろな人が、“会社がなくなる時代”と口にする様になりました。新型コロナウイルスによる在宅業務(テレワーク)推進がさらにそれを後押しし、その本質的意義、自分ごととして考えさせられる機会となりました。



私は、2014年から6年間、福岡に住まいを構えながら、東京の会社に勤務。毎週の定例会議にはオンラインで参加、全国を飛び周りながらチャット&オンラインツールで、事業を回し、経営参画してきました。ですので、テクノジーの活用、出社しないで結果をだすビジネスの要諦については、少しばかり先に経験してきたからこそ、掴めている所存です。単にテレワークを推進するだけですと、従来よりも悪い結果になる会社も出てくるだろうなということも想像できます。その根本要件が、修身というわけです。



◆ この記事で得られること


この記事をご覧いただいている方は、大きく分けると2つ(経営者・事業主&会社勤めの方)に分かれると思います。今回の内容を、ご覧いただくことで、それぞれに得られることは、


◆経営者・事業主

1、令和時代の経営のあり方

2、社長と社員の関係

3、令和時代に経営を“やり抜く”


この3つを一緒に深く考える機会を得られます。


◆会社勤めの個人

1、会社に勤めながら意識すると良いこと

2、令和時代の、会社との関係性を向上させる方法

3、会社員が自分経営するシンプルな方法


といった内容を得られるでしょう。



1億総個人事業主時代に活躍する人の最低条件


会社がなくなる時代とは、1億総個人事業主時代と言い換えることができると言えます。結論からいいますと、“この1億総事業主時代において、「修身」なしには活躍することはできない”というものです。修身とは、自分の心と行いを修めて(学問や技術を身につけ、人格を高める)正すことで、ある意味、「自己管理」の上位概念にあたるといえます。



社員に訓練を課した「非常識な方法」


そう思った背景には、やはり、経営をする立場になったことが大きいです。


1つ、面白いエピソードをご紹介します。実は、わたしは直近まで、実験的に、私のチーム・組織下の同僚の皆さんにトレーニングの一環として、


「月締め請求書で、自分の給与を請求するように」


お伝えしておりました。業務委託パートナー× にではなく、「社員さん」に ○ です。実は、この効果は計り知れないほど、大きな効果を生みます。黙っていてもお給与が入ってくる社員さんに、「独立自尊の精神」、「経営者の類似経験」、「起業家精神」を与えることを目的としていますが、さらに、そこから生まれる価値は以下の3つがあります。


社員各人の業務・強み才能・個人のビジネスモデルが把握されます。


請求書を書いてもらうことで、社員が自然と、次のことを考えるようになります。


・自分の顧客(依頼主)は誰か?

・自分の価値提案(どのような価値を提供しているのか?)は何か?

・自分のリソース(強みや技術・知識)は何か?

・パートナー(価値を提供するのに必要なパートナー)は?

・価格(自分の業務=サービスに価格をつけるとすると?)はいくらか?


つまり、自分は頂いている給与分の価値を提供し、貢献できているか?(経営側はその逆)を考える最もリアルなトレーニング機会となります。


感謝の気持ちの継続


さらにこれを行うと、感謝の気持ちが芽生えてきます。私は同じ会社で、会社員としても、個人事業主としても、働く形態を変えてきた経緯がありますが、業務は同じであっても、社員として所属すると、雇う側も、雇われる側も、感謝の気持ちが、なぜか互いに減少してくるのを感じます。これは、親子の間でよくある、近すぎるがゆえの感謝の意識が弱まるのと近い感覚です。不思議なもので、社長と社員というのは、


社長は、「これだけ自分がやっているのに・・・」「俺が食わせてやっている」

社員は、「頑張っているのに・・・」「給料、もっと欲しい」