top of page

“悪党という語はあるが、善党という言葉はない”

2021.8.21


4回目となる

人間学とマーケティング会議

が開催された。


1部

致知*人間学 読書会メンバー限定

致知出版社 藤尾秀昭 社長

人間学講話&全国読書会交流会


*致知とは、11万超の読者を有する日本で唯一の人間学の月刊誌


2部

マーケティング共育共動の場


1部の感動、2部の衝撃、

未来に対しての希望に満ちた特別な会となった。



藤尾社長は講話のなかで、


“悪党という語はあるが、善党という言葉はない”(安岡正篤氏)


という話をされた。




■今回の記事テーマは


この「善党」について書いていく。


今これをお読みの善き心を持つ

あなたがコロナで閉塞した世でも

未来に希望が持てたら幸いだ。



安岡氏のつづきは、こうだ。


(安岡正篤1日1言より)


“悪人は1人でも悪党という。猛々しく攻撃的積極的で、必要に応じてよく団結するから力が強くなる。しかし、善人はたいてい引き込み思案、消極的、群がらないから、いつまで経っても善人の力は弱いままだ”


“善人よ強くなれ”






結論から先にいうと、

私は、ここで公に善党活動の宣言することにした。


なぜ今さらそんなことを言うのか?


分かりきっていたことではないか

と自分でも思う。


しかし、

今までとは明らかに違う。


こう宣言する背景には、

師・藤尾社長からの訓えを

魂で受けとめ、機が熟したからだ。


わたしは昨年から今年にかけ、

【2時間超×計8回】の

少数講義をいただいてきたが、

善党の話もあった。


しかし、受けとめ方が

その度に違っていた。


コツコツ積み重ねてきた

一燈一燈が集い、いよいよ時がきたと感じる。


*2021.7.16 致知出版 藤尾社長、柳澤副社長、柴田様、小鶴様と御礼訪問の際


今回の講演は短い時間でしたが、珠玉の言葉の数々をいただき、全国総勢43名の参加者全員の魂に火をつけられた。弊社が日ごろ支援している経営者の皆様からも、数々の感動と御礼を直接頂いた。このことは、なによりも嬉しく思う。


講演でのたくさんの言葉から

一部だけ紹介すると、


✔︎人間は1人で大きくなったのではない。会社もまた1人で大きくなったのではない。慌ただしい日々の中にも、時に、過去を振り返って世と人の多くの恵みに感謝する心をお互いに持ちたい。その心こそが、明日の歩みの真の力になるだろう。(松下幸之助)


✔︎人間の精神は年を重ねるにつれむしろ向上する(安岡正篤)


✔︎至誠、勤労、分度、推譲 (二宮尊徳)

推譲は言いかえると伝承とも言えるのではないだろうか。致知が、一生懸命伝えてきたのは、人間学の伝承である。


✔︎天は使命をあたえたものに試練を与えて、その心底を試す。天はその人に背負えない荷物は与えない。


✔︎ 心に太陽をもて。くちびるには歌をもて。(ドイツ詩人ツェーザル・フライシュレン)


読書会の「型」を設計いただいた

佐藤等先生(ドラッカー学会理事)からは


•組織の人材力は、人間学(力)と時務学で向上する

•読むだけでは、人間力は高まらない

•人間力という統合概念を一言で表現することは困難

•効果的に人間学を習得する方法が少ない


だからこそ、

「経営者が学び合える

 人間学読書会には価値がある」

という話をいただいた。


     


「致知が絆チケットとなる」


この言葉は、

本会のきっかけを頂いた

プルデンシャル生命保険(株)

エグゼクティブライフプランナー

MDRT25年連続獲得、TOTとCOT7回達成

(2020.04現在 HPより)


高塚伸志さんのお言葉。


まさに、そう思う。


オンラインで人・会社を

判断しなければならないコロナ禍下で


「致知を読んでいる」

「社内で読書会を開いている」


と聞くだけで、


「この方は信頼できる人物だ」


と言わしめるのは、

創刊43年 日本で唯一の人間学

定期購読誌 致知ぐらいであろう。


全国総勢43名の参加者全員の魂に火をつけられた



3年半前の2018年2月


わたしはその致知出版社から、


書籍

“人間学×マーケティング”


執筆&出版の機会に恵まれた。

それを機に、天から授かってきた

封書を開いた。


その封書に従い、

邁進してきたこの3年。