【発表】致知出版社認定 人間学読書会&マーケティング共育共動の場 を開催します。

更新日:5月17日


2020年7月から始まった

致知出版社 藤尾社長の講義

令和3年4月24日でラストとなりました。



*藤尾社長、柳澤副社長、ドラッカー協会 佐藤先生、清水先生と12名



この10ヶ月の間で、

得られたことはたくさんありますが

ここに纏めてみたいと思います。


今からお伝えすることは、

単純に私が本講義で得たこと、

本講義の素晴らしさをお伝えするだけでなく、


人生・仕事・経営における

人間学の重要性

わたし自身の実践録、


また、私の人生のテーマでもある

人間学とマーケティング

についても深く考える

きっかけになりましたので、

今からそれを、お伝えしていきます。


まず、本講義で得られたものを、

ひと言でいうと


「よき経営を行い、よき人生を送れる」その“確信”が得られた」


というものです。


確信というのは、

固く信じて疑わないことを

意味しますが、


人生や経営において、

“絶対”といえるものがない中で、


本講義で得た学びを、

信じて貫き通せば、必ず、

この一度しかない人生を

良いものにできる

という意味での確信を得たのです。


今までの人生においても、


社会人大学院MBA、思考ツール、

ビジネス関連の学びなど、

数多く得てきましたが、


どれも時務学

(時代に応じた務めの学)

としては素晴らしい学びでした。


しかし、

本学となる人間学

については、

どちらかと言いますと、

ひっそりと独りで読み、落とし込むものとして行ってきました。


誰かと一緒に、体系的に、

しかも、最終的には自分の中だけに留めるだけではなく


「縁ある方に人間学をお伝えする」

という主旨の学びの場はありませんでした。



そういう意味でも、

この講義を学ぶ身として、


しかも11万超の愛読者の中から

12社のみという

厳選された中での受講は、

とても責任重大であると認識した上での参加でした。



今回まず一般に

直接学ぶことができない、

現代に生きる方の中で数少ない

覚者・本物であられる藤尾社長に直接学べたこと。


そして、

その藤尾社長に影響を与え

しびれさせた本物の先哲から、

書籍を通じてじっくりと学びを得たこと。


また、こうして同志を得られ、

この訓えを読書会を通してお伝えしていくお役目を担える場であった


という3点については、

私の人生において

至極の10カ月であり、

深く感謝を申し上げたいと思います。



さて、

このように得られたことは

沢山ありますが、


では一体なぜ、